PANCAKES パンケーキあれこれ

2015 12.10
Thu

昔ながらのシンプルなパンケーキが人気?
アメリカのパンケーキ事情

blog_201512_1

パンケーキは世界で広く愛されていますが、「アメリカ」もしくは「ハワイ」のイメージが強いですよね。アメリカでは古くから朝食の料理としてパンケーキが親しまれているため、その種類は本当に豊富で、日本では馴染みのないものも。定番なから最新の流行まで、“アメリカのパンケーキ”ご紹介します。

定番は王道のバター&メープルシロップ

blog_201512_2アメリカでは小麦粉、卵、牛乳またはバターミルク、ベーキングパウダーを使うパンケーキが主流です。メープルシロップとバターの王道トッピングに、ベーコンや卵、ソーセージなどを添え、朝食として食べられる事が多いようです。

生地には牛乳よりバターミルクを使う事が多く、生地に加えるものとして 

  • ・ブルーベリー
  • ・バナナ
  • ・りんご
  • ・チョコレートチップ
  • ・チーズ

などが使われます。

トッピングはバターとシロップ以外では

  • ・ジャム
  • ・ピーナツバター
  • ・フルーツ
  • ・粉砂糖

などが多く添えられます。

blog_201512_3

ヘルシー流行の波がありながらも、定番パンケーキ人気が続く

定番パンケーキが根強い人気ですが、最近はヘルシーブームもあり、小麦粉の代わりに全粒粉を使用した「低カロリーのパンケーキ」を用意しているお店が増えているようです。トッピングに野菜やサーモンをのせた甘くない“食事系パンケーキ”に仕上げています。そして去年から「パンケーキアート」が流行り始め、今や日本でも画像や動画がたくさんアップされています。簡単に作れて楽しめるようですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

※画像はウィキペディアより引用

参考サイト:パンケーキデザイナーが作る海外のパンケーキが可愛い!!日本でもジワジワとブームの予感